インドネシア ジャバロブスタ

ー豆の特色ー
インドネシアで生産されるコーヒーは90%以上がロブスタ種という品種です。
丸みのある緑黄色の豆で、独特な麦をこがしたようなクセのある個性的な香りが特徴です。
フレッシュさがなく、酸味が非常に少なく苦味主体で、黒糖のような甘味も感じられます。
深煎りにすると強く重たい苦味が特徴

インドネシア ジャバロブスタ【焙煎豆】

ー焙煎内容ー
☆浅煎り ☆中深煎り☆お任せ焙煎
☆中煎り ☆深煎り ☆アイスコーヒー用

・当店では生豆を240gで販売しています。
・豆の種類、煎り方により重さが変動いたします。
 (詳しくは下記の注意をご覧ください)
・焙煎後の豆のご購入はカゴの選択項目を選んで頂きご購入お願いいたします。



【プレミアム豆販売に戻る】

インドネシア ジャバロブスタ【ミル挽き】

ーミル挽き内容ー
☆極細挽き・水出し ☆細挽き・ドリップ ☆中細挽き・サイホン
☆中挽き・コーヒーメーカー 
☆中粗挽き・布フィルター・ネルドリップ ☆粗引き・カフェプレス

・焙煎後ミル挽きしてお送りいたします。
・下記のカゴに必要数量・焙煎・ミル挽き、ご入力頂きご購入お願いいたします。



【プレミアム豆販売に戻る】

インドネシア ジャバロブスタ【生豆のみ -300g-】

☆ここでは焙煎機を個人でお持ちのお客さま用に生豆のみの販売となります。
☆業務用にてご購入のお客様は/㎏単位で販売も可能です。
☆価格も業販価格で販売いたします。
☆会員登録後お問い合わせお願いいたします。

・下記のカゴに必要数量を、ご入力頂きご購入お願いいたします。
・生豆は300gの販売となります。



【プレミアム豆販売に戻る】

豆の販売方法

焙煎方法の違う豆ー240gー
粉の場合焙煎方法と挽きかたの違う豆ー240g-
焙煎機をお持ちの方は生豆ー300g-
お客様の珈琲スタイルに合わせて販売いたします

※ご 注 意※ 焙煎 240g の理由

当店の生豆の販売グラム数は240g単位となっています。
豆の種類や焙煎後の入り方(浅煎り〜深煎り)によって出来上がるグラム数が変わります。
写真の豆は
ブラジル産 サンアントニオ プレミアムショコラ 中深煎り

☆ここからは豆の特徴や産地をご紹介いたします☆

ロブスタ種とは:
コーヒーの3原種、アラビカ種・リベリカ種・ロブスタ種のひとつ。
正式名称はカネフォーラ種 ロブスタ。

ロブスタ種はアラビカ種などとくらべ害虫や病気に強く、
標高600メートル以下の低地での栽培に適しており、
植えてから3年で収穫でき、実も多く早く結実するなど栽培しやすい。
独特な苦味と香りが個性的です。

インドネシアで生産されるコーヒーは90%以上がロブスタ種という品種です。
丸みのある緑黄色の豆で、独特な麦をこがしたようなクセのある個性的な香りが特徴です。
フレッシュさがなく、酸味が非常に少なく苦味主体で、黒糖のような甘味も感じられます。
深煎りにすると強く重たい苦味が特徴。
ブレンドにもよく使われます。

別名WIB-1、最高級の品質。精製方法は水洗式です。

  • 店頭販売

  • 農園

  • 生豆

味覚や風味について

浅煎りの味覚
中煎りの味覚
中深煎り味覚
深煎りの味覚
焙煎適度
SCAA評価

生産地情報

●地  域 :ー

●地域特徴 :ー

●標 高 : ー

  生産場所  
規  格
品  種
精選方法
乾燥方法
保管方法
農園面積
土  壌
収 穫 期
標  高